〒399-8301 長野県安曇野市穂高有明2186番地157 Tel (0263)83-5958

更新日 2017-04-26 | 作成日 2008-01-31

霧訪山1305m

霧訪山に登ったのだ!

更新日 2017-04-26
作成日 2008-01-31

やまわんこLinkIcon

2013年6月6日に、小野の「霧訪山」に登ってきました。

「きりとうやま」と読みます。
塩尻市と辰野町の境にあるので、安曇野からはちょっと遠い里山。
手軽に登れ、山頂からの眺望にすぐれている、人気の山です。

20130606-104155.jpg


立派な駐車場あります

両小野中学西側を目指してくれば、田んぼの中の所々に霧訪山登山口の看板あり。人気の里山だけあって駐車場は広い。簡易トイレも設置されています。

20130606-104417.jpg


霧訪山登山口

雨引山に登った時は、クマ除けの鈴を持っていったのですが、霧訪山は大丈夫だと思って置いて行きました。ところが登山口の両側に「クマ出没注意」の看板があるではありませんか。どうやら西山とクマはセットのようです。

20130606-104558.jpg


いきなりの急登は階段なのだ

里山の例に倣って、ここもいきなりの急登です。おまけに延々と階段。若い「すもも」は平気ですが、老犬「まろん」は、段差の小さいところ、小さいところを選んで登って行きます。

20130606-105419.jpg


止山

里山を歩くとたびたび出てくる「止山」の看板。「とめやま」と読みます。早い話が立入禁止の看板です。赤松林のように松茸が採れるところは、ほとんどが止山。注意書きを守って、山を荒らさないように歩きましょう。

20130606-110226.jpg


御嶽山大権現

登山口から続く階段が終わると「霧訪山1時間」の標識があり、そのすぐ先には、御嶽山大権現の石碑がありました。

20130606-110712.jpg


かっとり城址

御嶽山大権現から5分ほどで「かっとり城址」に出ました。戦国時代、小笠原氏の重臣の居城だった山城あとだそうです。

20130606-111033.jpg


山頂まであと40分

登山道脇には、山頂までかかる時間の標識あり。個人差はあるだろうけれど、目安になります。

20130606-111252.jpg


避難小屋

途中にトタン葺きの避難小屋がありました。中は両側に座れるようになっています。ゲリラ豪雨なんかの時には役立ちそうです。

20130606-112710.jpg


霧訪山20分

「まろん」と「すもも」も順調に登ります。

20130606-114352.jpg


霧訪山1305m

登り始めて約1時間で山頂に到着しました。

20130606-114653.jpg


會地社

霧訪山山頂は神社の所有地で、會地社(おうちしゃ)の神域になっています。祠の中には、かわいい人形が祀られていました。

20130606-120644.jpg


諏訪湖が見えた

山頂から東側の眺望。遠くに見えたのは諏訪湖でした。諏訪に住む高校の同級生が、自宅から見える山にこだわって登っています。その中に霧訪山が入っていました。納得です。

20130606-115158.jpg


方位盤

さすが、360度の眺望が売りなだけあって、山頂には方位盤が据え付けられていました。この日は、靄がかかっていて、遠方が霞んでしまっていたのが残念。

20130606-115400.jpg


真剣に「待て」をするのだ

山頂でお昼です。我々以外に、男性3人グループと夫婦1組がいて、さすが人気の山です。

20130606-120440.jpg


オキナグサ

頂上では、ツツジとオキナグサが咲いていました。こちらは綿毛です。山頂でのんびり過ごした後、一気に下山しました。下山にかかった時間は、登りの半分ほど。とりあえず、膝は大丈夫です。

安曇野の四季